介護業界に特化した

海外人材紹介
招聘サービス

日本に訪れる2025年問題(団塊の世代が後期高齢者に達すること)に向かって、少しでも社会福祉に貢献できる会社を目指して、JPインビテーションを立ち上げました。日本の少子高齢化社会において、株式会社JPキャリアコンサルティングは、JPインビテーションを通じて、新たな海外人材受入制度「特定技能」による就労を支援し、その力をお借りして、日本の福祉社会に貢献して参ります。

特定技能とは?

特定技能とは「特定産業分野に属する相当程度の知識または経験を必要とする技能」を要する業務に従事する外国人向けの在留資格です。日本の産業界における深刻な人手不足を解消するため、2019年4月より新たに導入される在留資格で14業種に限って解禁され介護職はその中の一種として解禁されました。

特定技能ビザ

許可されるためには

①介護技能
評価試験に合格

②日本語能力
判定テスト

又は、
日本語能力試験(N4以上)
に合格すること

③介護日本語評価試験

①と②の試験により、ある程度日常会話ができ、生活に支障がない程度の日本語能力を有することを確認の上
介護日本語評価試験通じ、介護現場で介護業務に従事する上で支障ない程度の水準の日本語能力を擁する

特定技能人材採用の流れ

FLOW

STEP01

打ち合わせ
新たな海外人材の受け入れ制度「特定技能」ご案内及びご提案

STEP02

ご発注
求人案件確定
求人票作成
候補者レジュメ確認

STEP03

面接
テレビ面接or現地面談
→現地通訳・採用内定

STEP04

試験
①介護技能評価試験に
合格すること
②日本語能力判定テスト又は、日本語能力試験(N4以上)に合格すること
③介護日本語評価試験に
合格すること

STEP05

入職
紹介手数料お支払い
ビザ取得申請
来日・入職

NOTES

登録支援機関または受入機関に求められる支援内容

・締結した雇用契約の確実な履行
・外国人が十分理解できる言語での対応
・入国前の生活ガイダンスの提供
・入国/出国時の空港等への出迎え・見送り
・住宅の確保
・在留中の生活オリエンテーションの実施
(※預金口座開設や携帯電話の利用契約の支援を含む)
・日本語習得

各国の人材紹介
(モンゴル人・ベトナム人・フィリピン人・カンボジア人)

彼らを特定技能介護スタッフとして招聘するメリット

① アジアの若者の「日本で働く」夢を応援できる

アジアの多くの若者が持っている、「日本で働きたい」という夢を応援ができる。

② 日本の介護労働力不足の長期的補完になる

日本で不足している介護労働力を、一人ひとりを継続して受け入れることで、長期的補完できる。

③ 計画的に新規採用が
長期的に可能になる

介護施設で不足している新卒採用・生抜き採用を長期的に計画できる。

特定技能を選ぶ
メリット

MERIT

動機

介護で働きたいため、
介護認定試験を受験している。
※介護の基礎的な知識あり

語学力

N4(日本語検定4級)以上
※介護認定試験合格に
必要なレベル

入国

採用してから3~6ヶ月位
※日本語検定、介護認定試験に合格後

給与条件

日本人の給与条件に合わせる。
※高卒、未経験、無資格程度
※労働力として採用するため好条件

コスト

100~190万円
※登録支援機関を使用する場合
※出身国によって様々

期間

5年
※延長の可能性あり

算定基準

就労と同時に
配置基準1で算定
※ケアの安全性の確保は必要

COSTS

特定技能紹介の料金一式

特定技能人材紹介手数料

¥80万/人

登録支援業務委託料

¥2万/月

キャリアアップ助成金

askask

まずはお気軽にご相談ください

電話またはメールでいつでもお問い合わせください。

お問合せフォーム
TEL: 03-3239-7442